« 箱入り | トップページ | Debra1号との、その後 »

2004/09/10

初代の肖像 ~Debra=でぶら 命名の由来

でぶらの本名は、Debra2号。じゃあ1号はだれなのかというと、このひと。

初代Debra(今はもういない。)
040910_DE1go.JPG (描きかけ。^^;)
たしか写真もあったのだけどすぐには出てこないため、このヘンな絵でご勘弁を。

初代といっても2号と血縁関係はなく、当時の近所の人々曰く「こいつは野良じゃ」。しかし野良にしてはキレイなんだよね。2号と違って、どこか駄猫っぽくニャい。ま、体型はデブら だったけどね。

この初代、ある朝、ダメOLだったnaoが、勤め先のダメ会社Cに出勤するために自宅のドアを開けたところ、
「ニャー(おはようございます。)」
と、ドアの前で正座していた。これが出会い。ダメOL naoは、即刻ダメ会社Cに電話した。
「お腹が痛いので休みます。」 ぶわっはっは。

そして初代でぶらを家の中へと招き入れ、丁重にもてなし(ミルク3舐めほど)、ふたりで日がな1日世間話を交わしたのであった。

さすらいの野良に名前をつけるのも失礼かと思ったが、いろいろ不便なので「でぶら」と呼ばせてもらうことにした。お腹のあたりのタプタプ具合が「でぶら」だったから。

それ以来初代は、毎日欠かさずダメOL naoの帰りを待っていた。毎日、nao家前にある道の同じ場所でちょんと座り、律義にも
「ニャー(おかえりなさいませ。)」
と挨拶してくれるのだった。
「ただいまー。来るわけ?」
と応えると、
「ニャー(行きますとも。)」
と先に立って歩き出し、naoよりも先にnao家のドアに到着する。うちに来てもゴハンなんかもらえないのに、ドアを開けてやると、とにかくあがりこむ。わけもなくあがりこむ。

そして1~2時間すると玄関へ行き、ドアの前でくるりとこちらを向いて正座する。
「ニャー。(そろそろ帰ります。開けてください。)」
「おやすみなさい。また明日。」

そんな毎日だった。

そうこうするうちに、naoの中では、ネコといえば「でぶら」という名前に決まってるじゃん!という固定観念ができあがっていった。だから2号をもらい受けたときにも、名前は迷わず「でぶら2号」と決まっていた。

あとから知ったところによると、「Debra」という表記は、アメリカなどの女の子の名前に実際に使われているものだった。ふたりのでぶらたちも、たまたま おんニャの子。ニャッキー。

« 箱入り | トップページ | Debra1号との、その後 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/13451977

この記事へのトラックバック一覧です: 初代の肖像 ~Debra=でぶら 命名の由来:

コメント

でぶらさんのお名前にはそんな経緯があったのですね!
初代でぶらさんとnaoさんの関係って小説のようですv
初代さんとは後でどうなたのか気になります~

理想的な猫との出会い。
素敵ですね。
そう、私もその後が気になります。

naoさんは絵心がありますニャー。

さかなさん、yumiさん、
初代との出会いを読んでもらえてうれしいです。
その後のことも、調子に乗って書いてみようかな。

とはいえ、ほんとうに「通い野良」だったので、
ふたりの関係はその後もまったく淡々としたものでした。
印象に残っているのは、一番最後に会ったときのこと。
そのときのことを、次回にちらっと。

絵心? ない、ない。ひぃ~、恥ずかしー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱入り | トップページ | Debra1号との、その後 »

Information

  • 2017.1.1
    謹賀新年
    ルビ猫9歳
    元気です。
    たまに庭に来る
    牛柄の猫と
    顔見知りになったよ。

    ルビったー
    ・猫紹介 ・人紹介
    nao
    ネコに踏まれながら
    生きている。


Links

  • Links
    Trackback People
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
    携帯百景 HatenaHaiku なんタルこと。 Tumblr Instagram

    Instagram

    Tumblr
    Find more about Weather in Tokyo, JP
    Click for weather forecast
    メンテナンスちぅ。