« ネコ視点・ヒト視点 | トップページ | 愛と感動の猫ドラマ »

2008/11/01

パトロール隊の真実

「パトロール」といえば、テリトリーの環境を守っているようで聞こえがいいが、ヒマな家猫のそれは……何かが違う気がしてならない。

例えば、naoがそこらへんをとっ散らかしていると…

(ルビ)不審な放置イス発見!
この家の安全はボクが守るよ!
ただちに安全性のチェックを行います! ↑チェック中…

100%現れて、なにやらチェックし始める。
その出動体制の迅速なことといったら!
たとえそれが、いつものつまらないイスだとしても、だ。

しかし、何の事件性もないと判明すると、
しょんぼり。
なぜかガッカリ感漂うこんな背中。

それが、近くで冷蔵庫が小さく音を立てたとたんに、
キラーン♪
(ルビ)お♪なんだ、なんだ?やっぱり事件か?

ほらあ。
そんな嬉々としたシッポになったりなんかしてー。
 
 
ちなみに、ルビ的にもっとも血湧き肉躍る「事件」とは、
  ・現場でnaoがコーヒーをひっくり返していた
  ・現場でnaoがカリカリを床一面にぶちまけていた
  ・現場でnaoが洗濯物をたたんでいた
などであると思われる。。(んもー。)

« ネコ視点・ヒト視点 | トップページ | 愛と感動の猫ドラマ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/42974576

この記事へのトラックバック一覧です: パトロール隊の真実:

コメント

血湧き肉躍るとまではいきませんが、ルビ君的で
なくても、皆それなりに気になる事件の数々だと
思われ(´・ω・`)

わかります~♪
ちょっとした物音でも「何事???」って顔しますよね
事件が起こったら起こったできっと自分もパニックになることもあるだろうに…(^_^;)
ルビさんは2番目の事件を心待ちにしているんじゃないかな~(笑)

■コタロウさん
ああっ、コタロウさんまでそんなこと言って~!(笑)
でもこうやって文章にして他人事みたいに眺めると、
た…たしかにちょっと……素敵な事件かも。( ´-`)ぷ。

■森の人さん
ネコって、大きな変化は嫌うくせに、
ちょっとした事件は大好きですよね。
2番目の事件 ←これはかなりですw
どこからともなく現場にかけつけ、
率先して後かたづけ(?)にいそしみます。(^◇^;

いい顔してます。母さん譲りですね。ちょっとカッちゃん入ってる気がします。イケニャン!
うちのはほとんどモナ2世です。尻尾はカッちゃんで(笑)

リンクさせて頂きました。また素晴らしいロゼット見せて下さい!

■HEEROさん
リンクありがとうございます♪
ルビ、いい顔してますか?ヽ(´ー`)ノ
このきょうだいは、両親とも素敵ニャンですよね。
で、父さんの尻尾は、、、え、シッポ??(笑)
どんなだったかな? あはは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコ視点・ヒト視点 | トップページ | 愛と感動の猫ドラマ »

Information

  • 2017.1.1
    謹賀新年
    ルビ猫9歳
    元気です。
    たまに庭に来る
    牛柄の猫と
    顔見知りになったよ。

    ルビったー
    ・猫紹介 ・人紹介
    nao
    ネコに踏まれながら
    生きている。


Links

  • Links
    Trackback People
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
    携帯百景 HatenaHaiku なんタルこと。 Tumblr Instagram

    Instagram

    Tumblr
    Find more about Weather in Tokyo, JP
    Click for weather forecast
    メンテナンスちぅ。