« うつらうつら | トップページ | xoxo »

2011/02/23

猫に愛された物体は大概このようなことになるという、ひとつの事例

爪とぎ屋上在住、満身創痍のカエルちゃん。
昔はもっと男前だったのに…
ボッサボサ!


犯ニャンは眉間に糸くずをつけたまま、
犯ニャンのくせにカメラ目線。
今もこの界隈を徘徊中。

« うつらうつら | トップページ | xoxo »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/50949015

この記事へのトラックバック一覧です: 猫に愛された物体は大概このようなことになるという、ひとつの事例:

コメント

なぜ、爪とぎ屋上にカエルさんが…?!(カエルさん、逃げ場所がありません…)それから、このカエルさん、おへそがあるような…?
ルビちゃん、「しまったっっw(゚o゚)w」という瞬間ですね。こういう時って、なぜか直視してしまうのはヒトも同じような気がします。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 

■きいろひわさん
ここにカエルを乗せてやると、なぜか爪とぎ気分が盛り上がるらしいのです。むきーっ、ばりょばりょばりょ!ってな感じです。屋上は、本来キャットニップを入れるための場所らしいです。

へそ、あります~!≧∇≦ 今はもう電池が無くなってしまったのですが、押すと「ケロケロケロ…」と鳴くスイッチがへそのあたりに埋まっているのです。まだカエルが元気に鳴いていた頃、ルビはびびってあまり近づきませんでした。それなのに今は…(笑)

ルビのこの顔、(゜◇゜)ガーン ←この顔文字に似てますね。なかなかカメラの方を見てくれないルビなのに、この時はなぜか直視されました。ぷ。

う~ん、まさに「ニャんたること。」!(笑)
右サイドバー「猫語の教科書」発見しました。お勉強したいっ。

■可惜夜さん
そうなのです。ニャんたることっ。
猫ってやつは、まったく…。(=´∇`=)

「猫語の教科書」は、じつは猫語を学ぶための教科書ではなくて…
猫語で書かれた教科書?なのです。当然、猫が書いています。
猫の猫による猫のための教科書…あな恐ろしや。
超オススメ!の名著です。
(たらちゃんもこれで勉強したのかも!?)

カエルちゃん!
カエルちゃーん!

■トンコーさん
カエルちゃん、トンコーさんにお返事は?
あら? カエル……ちゃん?
カエルちゃーん!(目を開けたまま気絶している…eye

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うつらうつら | トップページ | xoxo »

Information

  • 2017.1.1
    謹賀新年
    ルビ猫9歳
    元気です。
    たまに庭に来る
    牛柄の猫と
    顔見知りになったよ。

    ルビったー
    ・猫紹介 ・人紹介
    nao
    ネコに踏まれながら
    生きている。


Links

  • Links
    Trackback People
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
    携帯百景 HatenaHaiku なんタルこと。 Tumblr Instagram

    Instagram

    Tumblr
    Find more about Weather in Tokyo, JP
    Click for weather forecast
    メンテナンスちぅ。