« 太陽の塔 その3 | トップページ | 逸脱 »

2012/03/11

太陽の塔 その4(完)

太陽の塔
参ったか!ふぉっふぉ。
背面にも顔がある。


ルビ
参りました、降参です…(土下座)
背面にも(え、顔? それはいくらなんでも無理でしょうsweat01
……(ハッflair見えた)ハウスダストがまぶしてある。

ブッブーーng

« 太陽の塔 その3 | トップページ | 逸脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/54124548

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔 その4(完):

コメント

こんにちは
ルビちゃん、太陽の塔と張り合って(?)いたんですね。ルビちゃん、部下のいる隊長ですし、動きで競えば、ルビちゃんに勝利があるような気がしますよ。( ^ω^ )
ルビちゃんの背中を見ているうちになんとなく何かが見えてきたような。ルビちゃんの背中はロールシャッハテストのカードみたいです。(゚m゚*)

裏にこんな顔がついていたの、知りませんでしたhappy01
ルビちゃんの背中・・・・両手をあげた人の姿が見える~coldsweats02

はははは~!
このシリーズ面白く見させていただいてました!
ありがとう~happy02

moon1最後まで書かずに終わってしまいましたが、
太陽の塔の写真で
青空にぽちっとある白い点は、月です。
(この記事の写真だと、左上あたり)
塔がいかに大きいかが、わかると思います。


■きいろひわさん
はい、ルビも負けじと張り合っていました。
いや、正確には私が張り合っていただけか。(^◇^;
ほんとだ、このルビの背中、ロールシャッハテストみたいですね。
じっと見ていたら、むむむ、いろんなものが見えてきた…!

そうそう、前記事のレスで抜けたのですが、
「稲妻」は公式にそうらしいのですが(注:確認不足で若干あやふや)、
「交信」は私の妄想ですw


■イルカねこさん
背面の顔もちょっと素敵でしたよ。
これは「過去の太陽」を表しているそうです。
両手を上げた人の姿、私には大きいのと小さいの、2つ見えますeye
これはもう、どう考えても「降参!」を表しているのではないかと…(笑)


■nayobikaさん
おお、ウケてる♪
もっとちゃちゃっとテンポ良く最終回まで来る予定だったのですが、
やはりというか、いつもどおりというか。このていたらくでした。(^^ゞ

忙しくて久々にルビにゃんを堪能しました~
たまらんです

■トンコーさん
お久しぶりです、ありがとうございますー。
トンコーさんどうしているかなと思っていたところでした。

なんだか最近余裕がなくて、
mixiがすっかりお留守になってしまっています。
私もたまには3ニャンズに会いに行かなくては!

こんばんは
「稲妻」&「交信」の件、了解です。(*^ー゚)b
(「くいだおれ」のほうではなく、「岡本」のほうの)太郎さんの事だから、大丈夫、なんでも受け入れてくれそうですよ。勿論、くいだおれ太郎さんも心の広いお方のようですが。(・∀・)
そして月、たしかに、小さいですfullmoon。満月だったのでしょうか。

■きいろひわさん
そうですよね、本物の太郎センセイなら、きっと。
…あ、ここでいう偽物はくいだおれさんではなくて
(あれはあれで本物ですよね…?(・∀・)  )
うちのニャニャ太郎先生のことです。↓このひと
http://nya.air-nifty.com/nyablog/2010/09/post-2ef9.html

このとき肉眼で見た月も妙に小さくて、
あれー、月ってこんなに小さかったっけ?と思いました。
この月は、半分くらい欠けていました。(その3の写真にも写っています)

こんばんは
くいだおれ太郎先生は本物ですね。(o^-^o)
ニャニャ太郎先生も、くしゃくしゃアートにかんしては、きっと…真剣な顔がプロファッショナルな仕事をしている感じです。

それから、地球と月の距離は、日々変わるみたいですね。
太陽と月の位置データの計算
http://www12.plala.or.jp/m-light/keisan/sundata.htm
月の大きさの違いについて
http://www.moonsystem.to/moonfaq/001.htm
私には、書いてあることの半分も理解できないのですが、とりあえず見つけたので…
それにしても、月、小さく見えますね。3のほうが形がわかりますが、それにしても、小さいです。空の色に飲み込まれてしまっている感じがします。

■きいろひわさん
そういえば去年(でしたっけ?)すごく大きい満月の日
というのがあって、話題になっていましたね。

この写真の撮影日をリンク先で確認したところ、
月はたしかに、かなり遠い部類の位置にあったようです。
それが肉眼でもちゃんと小さく感じられたのか…!

こういうのって、目で見てもわからないほど
微妙なことなのかと思っていました。今までずっと、
そんなフィルターが邪魔して、目が節穴状態だったんですね。
多少の違いを感じても、何かの錯覚だということにしていました。

  ●● ←今までの目 こんな感じ?
  eye ←今の目 鱗が落ちたあとの目w

たまにはちゃんと科学的・数字的な解説を
読むのもおもしろいですね。世界が変わるというか。
自力ではなかなかたどりつけそうにないページへの誘導、
ありがとうございました。ヽ(´ー`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽の塔 その3 | トップページ | 逸脱 »

Information

  • 2017.1.1
    謹賀新年
    ルビ猫9歳
    元気です。
    たまに庭に来る
    牛柄の猫と
    顔見知りになったよ。

    ルビったー
    ・猫紹介 ・人紹介
    nao
    ネコに踏まれながら
    生きている。


Links

  • Links
    Trackback People
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
    携帯百景 HatenaHaiku なんタルこと。 Tumblr Instagram

    Instagram

    Tumblr
    Find more about Weather in Tokyo, JP
    Click for weather forecast
    メンテナンスちぅ。