« 太陽の塔 その2 | トップページ | 太陽の塔 その4(完) »

2012/03/07

太陽の塔 その3

太陽の塔
「稲妻」らしい。
サイドのうねうね模様。じつはこれ、小さな赤いタイルのモザイクだった。


ルビ
豹柄らしい。
サイドのうねうね模様。これもモザイクの一種かな!?

« 太陽の塔 その2 | トップページ | 太陽の塔 その4(完) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51025/54123652

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔 その3:

コメント

このアングルだと迫力ですね。
さらに、ルビちゃんとの対比もあって、
ナイス構成です。

こんにちは
これはタイルのモザイクだったんですね。(塗料だと思っていました。ちょっと感動です。)タイルだから、退色しにくいのかもしれませんね。「稲妻」は、「交信」と関係しているのでしょうか。
ルビちゃんのも、毛モザイクですね!今回の写真で、豹柄なのがよくわかります。太陽の塔を見てから、このルビちゃんを見ると、どういうわけか、ルビちゃんの顔がパラボラアンテナに見えます…( ̄○ ̄;)!

でっかい!ということが良く分かります。
じっくり見たことはないけど、意外と凝ったつくりなんですね~happy02
ルビちゃんの豹柄、野性的ですごく素敵heart04

ルビちゃん。。の。。サイドの。。ガラと色。。萠〜。
太陽の塔。。。あの人の。。作品にそっくりなんだよね。^^

真下まで行ったのか〜
空が青くてきれいで塔が映えてすごくいいね!

ルビちゃん、相変わらず何か考えてそうな顔だ( ̄▽ ̄)

■Uribouzさん
ありがとうございます。
真下から見上げると重量感がすごくて、
もし今あの腕が落ちてきたら…sweat01
と、ちょっとヒヤヒヤしました。

■きいろひわさん
そうなんです、私もペイントだとばかり思っていました。
間近で見て初めてそうでないことを知り、
なんとなく得した気分になりました。
ルビと太陽の塔は、胴体の長さの割に頭が小さいところが似てますね。
おっと、頭と言ってはいけないのだった。
顔でした。はいはい、小顔小顔( ̄▽ ̄;)

■イルカねこさん
太陽の塔はでっかい「オブジェ」という感覚でいたのですが、
本当に「塔(=建造物)」なんだなと思いました。
ルビの柄、素敵ですか。ありがとうございます。
でもたぶんこれ、パジャマなんです…。
いっつもこれ着て、ごろごろ転がってますから~。

■jazzmaineさん
太陽の塔を見て帰ってきたら、
なーんだかルビが顔のある塔に見えてきて。
並べてみたらやっぱりそうかなと、にまにましています。

■BBちゃん
うん、塔の真下まで行ける散歩道があって、
ぐるっと一周してきたんだよ。
あの公園、広々としていてとても贅沢だった。
電線やよけいな建物もなくて、空が広ーいの。
写真って、あたかもそれっぽく構図を選べるけど、
そんな配慮は一切必要なしで、自由に撮りまくりでした。

猫って…なんでこう、
ものを考えていそうに見えるんだろうね。( ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽の塔 その2 | トップページ | 太陽の塔 その4(完) »

Information

  • 2017.1.1
    謹賀新年
    ルビ猫9歳
    元気です。
    たまに庭に来る
    牛柄の猫と
    顔見知りになったよ。

    ルビったー
    ・猫紹介 ・人紹介
    nao
    ネコに踏まれながら
    生きている。


Links

  • Links
    Trackback People
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
    携帯百景 HatenaHaiku なんタルこと。 Tumblr Instagram

    Instagram

    Tumblr
    Find more about Weather in Tokyo, JP
    Click for weather forecast
    メンテナンスちぅ。